[Flutter] これは簡単!ListViewをドラッグアンドドロップする方法

ここでは、flutterのリストビュー(ListView) をドラッグアンドドロップする ReorderableListView を紹介します。Todoリストを表示している際に順番を入れ替えるようなことができますね。

ListViewでドラッグアンドドロップを行うサンプル

Todoリストのサンプルです。こんな感じに動作させることができるようになります。

ReorderableListViewの使い方

ドラッグアンドドロップには、ReorderableListView を利用します。パッケージの追加は必要ありません。

リスト項目にKeyプロパティが必要

リストの各項目を一意に識別するために、Keyプロパティを追加する必要があります。

onReorderメソッドが必要

ドラッグアンドドロップの際に、この onReorder が呼ばれます。公式のコードは stateful を使った例になっていますが、次のコードは状態遷移に riverpod を利用している例になります。

onReorder: (oldIndex, newIndex) {
  todo.dragAndDrop(oldIndex, newIndex);
},

class Todo with ChangeNotifier {
  void dragAndDrop(int oldIndex, int newIndex) {
    if (oldIndex < newIndex) {
      newIndex -= 1;
    }
    TodoModel todoModel = todoList.removeAt(oldIndex);

    todoList.insert(newIndex, todoModel);
    notifyListeners();
  }
}

全体のコード

import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:flutter_hooks/flutter_hooks.dart';
import 'package:hooks_riverpod/hooks_riverpod.dart';

final todoProvider = ChangeNotifierProvider((ref) => Todo());

void main() {
  runApp(
    ProviderScope(child: MyApp()),
  );
}

class MyApp extends StatelessWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
        debugShowCheckedModeBanner: false,
        title: 'Flutter Demo',
        theme: ThemeData(
          primarySwatch: Colors.deepOrange,
          visualDensity: VisualDensity.adaptivePlatformDensity,
        ),
        home: MyHomePage());
  }
}

class MyHomePage extends HookWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    final Todo todo = useProvider(todoProvider);

    return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text("TODO LIST App"),
      ),
      body: Container(
        child: ReorderableListView(
          children: todoList.map((TodoModel todoModel) {
            return Container(
              key: Key(todoModel.getKey),
              decoration: BoxDecoration(color: Colors.deepOrange[400]),
              child: ListTile(
                leading: Icon(
                  todoModel.icon,
                  color: Colors.white,
                ),
                title: Text(
                  todoModel.getTitle,
                  style: TextStyle(color: Colors.white),
                ),
              ),
            );
          }).toList(),
          onReorder: (oldIndex, newIndex) {
            todo.dragAndDrop(oldIndex, newIndex);
          },
        ),
      ),
      floatingActionButton: FloatingActionButton(
        onPressed: () {},
        child: Icon(Icons.add),
      ),
    );
  }
}

class Todo with ChangeNotifier {
  void dragAndDrop(int oldIndex, int newIndex) {
    if (oldIndex < newIndex) {
      newIndex -= 1;
    }
    TodoModel todoModel = todoList.removeAt(oldIndex);

    todoList.insert(newIndex, todoModel);
    notifyListeners();
  }
}

class TodoModel {
  String title;
  IconData icon;
  String key;

  TodoModel({this.title, this.icon, this.key});

  String get getTitle => title;
  IconData get getIcon => icon;
  String get getKey => key;
}

List todoList = [
  TodoModel(
    title: "英単語の勉強",
    icon: Icons.event_note,
    key: "1",
  ),
  TodoModel(
    title: "ブログ記事作成",
    icon: Icons.edit,
    key: "2",
  ),
  TodoModel(
    title: "筋トレ",
    icon: Icons.accessibility,
    key: "3",
  ),
];

ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1

» レバテックキャリアの無料登録はこちら

まとめ

以上で ListView をドラッグアンドドロップできる ReorderableListView の使い方は終わりになります。かなり簡単に実装できるので、Todo リストの勉強にも良いと思います。

副業プログラミングで稼ぐやり方は、masamaru blogで解説していますのでぜひチェックしてみてください。

masamaru blog – 副業プログラミング、ブログ情報

転職を目指しているITエンジニアの方は、レバテックキャリアがおすすめですよ。

» レバテックキャリアの無料登録はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published.